小規模企業向けUTMについて詳しくご紹介します

このサイトでは、小規模企業向けUTMについて取り上げます。
大企業ではなく、小規模企業では、近年取りざたされているサイバー攻撃などの専門家がおらず、セキュリティが甘くなる結果、事業に支障が出るような問題が頻発しています。
それでこちらでは、UTMを使ってセキュリティ対策がどう行えるか、何をポイントにして製品選びをしたらよいかについて解説します。
また、UTMが外部からの攻撃を防ぐ仕組みも記載するので、きちんと理解した上での製品選びに役立つことでしょう。

小規模企業向けUTMでセキュリティ対策を万全に

小規模企業向けUTMでセキュリティ対策を万全に 情報システム部門がない場合が多い小規模企業で、有用な働きをするとされるのが、UTMです。
UTMとは、Unified Threat Managementの頭文字をとった言葉で、日本語では「総合脅威管理」と訳されることが多いようです。
ネットワークは、今やどの企業でもなくてはならないツールとなっていますが、ウイルスや不正アクセス、ネットワーク攻撃などの危険性があるのが問題となっています。
それで、特にITやネットワークの専門家がいない中小企業では、小規模企業向けUTMがセキュリティ対策に有用とされています。
小規模企業向けUTMの利点は、セキュリティに割ける人材や予算がない場合でも、守備範囲の広い対策ができることにあります。
また、導入だけでなく運用も簡便で、社内で発生する問題にも対応できる点もメリットです。

小規模企業向けUTMで不正侵入を検知する

小規模企業向けUTMで不正侵入を検知する 第三者によるネットワークへの侵入を防ぐ事で、社内のコンピューターネットワークに接続されている機器に保存されている大切なデータを守る事が出来ます。
様々なセキュリティ機能が備わっている小規模企業向けUTMは、第三者が社内ネットワークに侵入した事を検知する事が可能です。
また、小規模企業向けUTMを使うと検知だけでなく、遮断を行う事も出来ます。
効率的に脅威を社内のネットワークに入れないようにするのが小規模企業向けUTMの役割です。
不正侵入を検知するだけでなく、それを遮断する事が出来るので、システム管理者にとっては一元的にネットワークの管理が行えます。
小規模企業向けUTMを導入した社内ネットワークでは、コンピューターのセキュリティを高めるのに、各パソコンにインストールされているOSのセキュリティレベルを変更する設定を行う必要がありません。
小規模企業向けUTMによって、セキュリティレベルをコントロール出来るので、脅威をいち早く察知し、遮断していく事が出来る環境を整えられます。
社内ネットワークで取り扱っている業務上大切なデータを守るには、このようなセキュリティ機器を適切に導入する事が必要不可欠となっています。

ウィルス対策の決め手!小規模企業向けUTM

中小企業の課題となっているネット上のセキュリティー対策です。対策費や人員確保が難しい上に、年々悪質化するハッキングやウィルスにより、個人情報や取引先の情報が抜かれてしまうと社会的信頼を失うことも珍しくありません。そんな中小企業向けのウィルス対策が小規模企業向けUTMです。
中小企業向けに特化した総合セキュリティーサービスとして注目を集めており、対策の決め手となっています。
小規模企業向けUTMでできることは、メールやWebサイトを通じたウィルス対策に加えてファイアウォールによるサーバー攻撃への防御、不正侵入の予防、業務と関係のないサイトへのアクセスを制限するフィルタリング、スパム・フィッシングメール防止機能、業務用アプリケーションの制御と管理になります。
それぞれは小規模企業向けUTMによって違ってくるため、必要と考えられるサービスを持つ業者と提携する必要があります。
中小企業でセキュリティ対策を考えているなら小規模企業向けUTMが、対策の決め手となることでしょう。

小規模企業向けUTMを導入する際IT管理者と相談しよう

小規模企業向けUTMは「統合脅威管理」のことです。企業ネットワークがネットに接続されるようになり、さまざまなセキュリティが必要になりました。小規模企業向けUTMは単体の機械として統合させたもので、リーズナブルな価格で導入できます。
選定にはいくつかポイントがあり、必要なセキュリティ対策の範囲を把握しましょう。
必要な機能を網羅できる製品を選び、セキュリティ水準にこだわりがない場合、ベンダー実績を確認して製品を選んでも大丈夫です。将来の利用状況も考えながら、余裕のあるものをおすすめします。
分析スピードには上限値があり、通信性能に余裕のあるプランを選ばないと処理に時間がかかることが多いです。人員増加や通信量の増加などが見込まれる場合、将来の利用状況を想定し選んでいきます。
IT管理者の負荷も考慮しておき、インストール型が良いのかクラウド型が良いのか選択することをおすすめします。機能が充実したものを選んでも、運用しない場合あまり触れないことも多いです。トラブル発生の時だけ対応してもらえるプランもあるので便利です。
セキュリティポリシーを細かく設定する場合、設定変更の必要性が生じるため毎月メンテナンスを行うサポートプランを選んでおくこともできます。

リモートワーク対応型も登場!小規模企業向けUTM

リモートワークの導入によって顕在化したのが、セキュリティ対策です。オフィスでの業務と違って自宅で業務ではネット環境が違ってきます。
そのすきを突いて在宅ワーカーを標的としたハッキングやフィッシング・スパムメールが増加しており、速やかな対策が求められます。在宅ワーカーを採用している小規模企業向けUTMも登場しており、テレワークをサポートするサービスが注目を集めるようになりました。
リモートワークに対応した小規模企業向けUTMは、手間がかからないのも魅力です。家庭で使用している光回線のONUとWifiルーターの間にUTM装置を設置するだけで、在宅ワーク環境を劇的に安全にしてくれます。
UTMにはファイアウォールやアンチスパムフィルタリングなどの様々な機能に加えて、独自のWifi機能を搭載しており、これを通じてオフィスのネットワーク、VPNを備えているため高いセキュリティー機能を発揮します。
日常用の家庭向け無線LANと使い分けられるので、セキュアな在宅ワーク環境を整えられます。

ランニングコストは?小規模企業向けUTM

中小企業向けセキュリティ対策小規模企業向けUTMで気になるのが、ランニングコストではないでしょうか。ウィルス対策に加えてアンチスパムやフィッシングメール対策、ファイアウォールやフィルタリングなど様々な機能を利用できる総合セキュリティーサービスを特徴とするものの、コストが気になり導入に踏み切れないという法人も珍しくありません。
小規模企業向けUTMには、大きく分けて自社サーバーに専用ソフトを導入するインストール型、業者のサーバーを利用するクラウド型、UTMを内蔵した専用装置を設置するアプライアンス型の3つがあります。ランニングコストに直結するのが使用者数でしょう。
使用者が多いほどコストがかさむ他、在宅ワークに使用できるアプライアンス型の場合だと専用装置を買い取る場合とレンタルする場合とでも違ってきます。
最も導入コストが低いのがクラウド型になっており、基本的な性能とともに安全性も確保できるため、初めて利用する際に検討してほしいサービスです。

小規模企業向けUTMの費用相場を調べよう

中小企業にとって社内のセキュリティ対策は万全にしておく必要がありますが、網羅的な対策を行うと運用面・コスト面共に負担が大きくなります。そこで最低限のセキュリティ対策を一気に導入する手段として利用されているのが小規模企業向けUTMです。
小規模企業向けUTMで防ぐことが出来る主な脅威としては、許可しない不正な接続やDDos攻撃をブロック、Webやメールを介したウィルスの侵入を検知したりブロックなど様々な対応を行えます。では小規模企業向けUTMを導入するにあたって、どのサービスを選ぶかが重要になりますが、機能性や導入形態の他に費用相場を知っておくことが大切です。
小規模企業向けUTMの費用相場は企業規模に応じて大きく異なりますが、接続PC台数が10~30台の小規模オフィス向けであれば販売価格であれば約11万円~32万円、リース契約の場合は月額5,000円~10,000円が相場となります。
価格を比較する際には購入もしくはリース契約するのか、代理店に依頼し機種ごとに見積もりを出してもらったり、見積もり時には自社の規模・環境を詳細に伝えて情報収集を行うことが大切になります。

根本的なセキュリティ対策を!小規模企業向けUTM

データや資産、ブランドイメージをねらう国際的なハッカー集団が暗躍しています。
中には特定国家と連携して攻撃を仕掛けたり、ハッカー集団同士で互いに連携を取ったり、役割分担をしながら様々な悪意ある攻撃を仕掛けることもあるため注意が必要です。
国際情勢が大きく変化しており、日本を取り巻く環境も安泰ではありません。
そんなネットセキュリティの根本的な対策となるのが、小規模企業向けUTMです。
様々なサービスが登場する中で、複数の拠点を持つ小規模企業向けUTMも登場しているため、使いやすさと安全性を両立させられます。
各拠点のセキュリティ設定と管理を一元化することで運用コストを削減できる他、拠点ごとにばらつきのあった対策を統一したセキュリティ対策により安全性を高められます。
様々な脅威に対応する根本的なセキュリティ対策となるのが、小規模企業向けUTMです。
ファイアウォールからアンチウィルス、不正侵入検知・防御、アンチスパムやアプリケーション制御など、Webコンテンツフィルタリングなど多彩な機能でデータや資産、ブランドイメージを守ります。

セキュリティエンジニアがいなくても安心!小規模企業向けUTM

セキュリティ対策をしたいけど、対応できるエンジニアがいないという小規模企業が多くなっています。
本業に多くの人材と費用を割かなければならないことから、ネットセキュリティ対策専門の人員を雇えないところが多く見られます。
そのような法人に利用されているのが、小規模企業向けUTMです。
セキュリティの専門家がおらずとも企業の資産やデータを保護できるため、中小企業の多くが採用しています。
許可しない不信な接続などをブロックするファイアウォールやWebメールを介したウイルス対策、悪意を持った不正侵入を抑止するIDS・IPS、迷惑メールやフィッシングメールを検知・ブロックするアンチスパムや業務に関係のないWebサイト閲覧を防止監視するフィルタリングなど多彩な機能を利用できます。
小規模企業向けUTMは、中小企業向け総合セキュリティ対策サービスであるため、専門職のエンジニアがいなくても業務における安全性を高められます。
国際情勢が変化する中、ハッキングなどのリスクは年々高まっており、資産・データ・ブランドイメージを守るための最有力の選択肢といえるでしょう。

セキュリティ対策として小規模企業向けUTMが人気を集めている2つの理由

小規模企業向けUTMは、セキュリティ対策として非常に重宝しています。
特に、人気を集めている理由としては以下の2つの理由が考えられます。
まず、情報を一元化することができるという点です。
元々、UTMは本来ならば人間の手によって行わなくてはならなかった情報管理を機械的なシステムで代替することができるものです。
特に、ネットワークに関連するウイルスやハッキングに関する対応も、人間が監視を続けることによって状態を維持することが初めて維持できるようになるため、大きなコストが必要です。
この点、小規模企業向けUTMはこういったネットワークに関連する様々な障害を事前に守ることができるものです。
自動的に操作できるようになるため、管理が非常にやりやすく一元的な情報管理を実現できます。
また、コスト面の負担の慧眼が非常に大きいです。
多くの人材を置いておく必要が無くなるので、将来的な運用管理の負担とリスクを軽減できるメリットがあります。

小規模企業向けUTMが何故人気を集めているのかがわかる1つの要因

何故小規模企業向けUTMは多くの企業に導入されているのかというと、システム担当を雇わなくても問題ないという大きな要因が1つ存在するからです。
そもそも、中小企業にとっては人材の育成を1から行っていくことは非常に大きなコストが求められます。
確かに、システム担当を育成したり雇うことによって、自社を守るためのセキュリティ対策を講じることができます。
しかし、人材を育成してもずっとその会社で働き続けるわけではありませんし、ヒューマンエラーのリスクを排除することはできません。
この点、小規模企業向けUTMを利用すればシステム担当を置いておかなくても万全なセキュリティ対策を講じることができるので人気を集めています。
実際に、進化するウイルスやネットワーク攻撃にも十分に対応ができるように工夫がされています。
外部からの不正アクセスなど、近年で問題となっているトラブルに対応できるだけのシステムなので、低コストで対策を講じたい中小にとっては非常に魅力的なものです。

中小企業向けに特化!小規模企業向けUTM

中小企業にとって課題になっているのが、小規模企業向けUTMです。
中小企業に求められる機能に特化しており、様々なデータや企業資産を守ることができます。
特に中小企業の場合で必須となるのが、ファイアウォールでしょう。
許可しない不正な接続を防止するとともにDDos攻撃をブロックできるため、導入しておくと安心できます。
また法人向けスマホやタブレットなどを利用している場合は、アンチウィルスがあると便利です。
タブレットやスマホにセキュリティアプリを入れていないことが多いため、Webサイトやメールを通したウイルスから守るのに役立ちます。
この他にも様々な機能を利用できますが、通信速度を圧迫する場合もあるため、小規模企業向けUTMを利用する際は、必要な機能を1つまたは2つに特化することをおすすめします。
ファイアウォールはマストな機能であるため、業務環境に応じてアンチスパムやIDS・IPS(不正侵入検知)を導入するのがよいでしょう。
業務効率に欠かせない通信速度と安全性を両立できるのが、小規模企業向けUTMの魅力です。

小規模企業向けUTMはどのようなサイバー攻撃に対応できるか

UTMは従来は様々なセキュリティ対策を1台で行うことができる機器と注目され、これを導入する企業も多かったものです。
小規模企業向けUTMもこのような性質を大きな特徴としており、1台で企業が必要なセキュリティ貸借の要件を十分に満足することができると言われることが少なくありません。
しかし近年では様々なサイバー攻撃が数多く登場しており、その性質を十分に理解した上でその対応能力を検討した中で最適な小規模企業向けUTMを選ぶことが必要となります。
特に近年ではセキュリティ機器に負荷を与えるような種類のものも多発しており、このようなものに対しUTMはその性能によっては対応できないケースもあるため注意が必要です。
小規模企業向けUTMは中小企業にとってはコストを低く抑えることができるとともに、運用管理者を確保できないといった最大の悩みを解決し、安全にインターネットなどのネットワークを利用することができるものと注目されています。
すしかし、それぞれのサービス提供会社によって様々な性能の違いがあるため、これを見極めることが大切です。

お金が無い中小企業にとって小規模企業向けUTMが優れている2つの理由

小規模企業向けUTMは、セキュリティ対策に投資することができない中小企業にとって非常に重要な役割を持っています。
実際に、お金が無い中小企業にとっては簡易的な形で使うことができる小規模企業向けUTMは将来的にもランニングコストが高くならないからです。
UTMというのは、統合的にセキュリティ対応を行うことができるように機能が搭載されているシステムです。
普通、デバイスのセキュリティ対応を行っていく場合にはいくつものソフトウェアとそれを扱うことができる人材を確保しておかなくてはいけません。
外部からの脅威に対応できるようにしておかないと、会社内で保存されている重要な情報が漏洩したり、ネットワーク機能などに大きな障害が生じる可能性が否定できなくなるからです。
この点、UTMを利用すればこうしたリスクを最小限に抑えることができるようになります。
しかも、複数の機能を1つのシステムで統轄できるようになるため余計な人件費も求められません。

小規模企業向けUTMはサポート費用も安いので安心

小規模企業向けUTMは導入費用が非常に安く、また日常的な運用管理も委託することができるので中小企業にとっては非常に便利なものとなっています。
しかしこれらの料金が安いためにサポート契約等の手間が発生し、その費用も高額になってしまうのではないかと懸念する担当者も少なくありません。
小規模企業向けUTMはそのほとんどがクラウド型のサービスであり、UTMの設備を中小企業の敷地内に設置すると言うケースはほぼないのが実態です。
本体は運用管理を行う会社の中に設置されていることが多く、またクラウドであることからその全てが一元管理されているのがポイントです。
これにより接続されている中小企業のネットワークのセキュリティー管理をサービス提供会社が自ら自由に行うことによって、安全性の確保とコスト削減の両立を図るものとなっているのが特徴です。
小規模企業向けUTMは機器が提供されることがないので、これにかかるサポート費用もほとんど発生しないものとなっています。

小規模企業向けUTMは導入台数実績の高いところを選ぶのが良い

小規模企業向けUTMは近年では非常に人気が高くなっており、そのために市場シェアも全体ではセキュリティー機器の中で非常に高まっているのが実態です。
多くのセキュリティー企業がこれに参入していることから、実際に自ら導入しようとする場合には、どの事業者を選べば良いか迷ってしまうと言うことも少なくありません。
このような場合に参考にしたいのが、それぞれのサービス提供事業者の導入台数実績です。
これは多いほど多くの企業に評価されていることになり、また実績も数多く存在していると言うことになります。
小規模企業向けUTMといえど、基本的なセキュリティ対策機能は網羅していないと安全性を確保することができません。
中には価格が安い代わりに十分な対策を行うことができないなど、様々な問題を抱えてしまうことも多いものです。
自分で運用管理を行うことができない場合には特にその良し悪しを判断することができないため、導入台数実績を参考にするのが良い方法となっています。

小規模企業向けUTMのセキュリティ市場におけるシェア

小規模企業向けUTMは近年非常に注目を集めており、様々なセキュリティ機器の中でも注目を集めるものとなっています。
現在では多くのセキュリティ対策の中でも、そのシェアを伸ばしていることが実態です。
一般的なセキュリティ対策機器と言うとファイアウォールを思い浮かべる人も多いのですが、この場合には自分自身で運用管理を行う必要があり、これを行うためには高い技術と専門の部門を設けることが必須となっています。
自らの安全性を自分自身で設定し、またこれを維持する事は当然と考えられる面が多いのですが、特に中小企業の場合にはその人材を確保することが難しく、さらには導入費用を捻出することすら難しい場合も少なくありません。
日本では特に中小企業が非常に多く、これまでも十分なセキュリティ対策を行うことができていない企業も数多く存在していました。
小規模企業向けUTMはこの状況を助けることができるものと注目されており、多くの中小企業がそのメリットを評価していることからシェアを伸ばしているのが実態です。

ショッピングサイト制作関連サイト

ショッピングサイト制作を頼む

新着情報

◎2023/8/25

情報を更新しました。
>小規模企業向けUTMはどのようなサイバー攻撃に対応できるか
>お金が無い中小企業にとって小規模企業向けUTMが優れている2つの理由
>小規模企業向けUTMはサポート費用も安いので安心
>小規模企業向けUTMは導入台数実績の高いところを選ぶのが良い
>小規模企業向けUTMのセキュリティ市場におけるシェア

◎2022/10/24

情報を更新しました。
>根本的なセキュリティ対策を!小規模企業向けUTM
>セキュリティエンジニアがいなくても安心!小規模企業向けUTM
>セキュリティ対策として小規模企業向けUTMが人気を集めている2つの理由
>小規模企業向けUTMが何故人気を集めているのかがわかる1つの要因
>中小企業向けに特化!小規模企業向けUTM

◎2021/12/23

情報を更新しました。
>ウィルス対策の決め手!小規模企業向けUTM
>小規模企業向けUTMを導入する際IT管理者と相談しよう
>リモートワーク対応型も登場!小規模企業向けUTM
>ランニングコストは?小規模企業向けUTM
>小規模企業向けUTMの費用相場を調べよう

◎2021/6/24

セキュリティ管理者が不在ならUTMの導入
の情報を更新しました。

◎2021/4/14

外部からの攻撃を防ぐ仕組み
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました

「セキュリティ 不正」
に関連するツイート
Twitter

紙のマイナンバーとは魂消たなあ、暗証番号を暗証するシステムとか作るんすか?🐔 紙に写真印刷して他人に不正利用されても文句無いタイプのセキュリティ意識の民おりゅ?🐼

coldrainやCrossfaithの界隈 フロアの治安は悪いけど 目立つぐらい意味わからん奴とか、不正する奴も特におらんし ライブハウスで物なくしても絶対返ってくるし、見つけたらみんなすぐにセキュリティに渡しに行ってる! なんだかんだで一番治安いいし、助け合いの精神の持ち主たちだよ。

アマゾンで金券買えるの便利だしよく使ってるけど不正アクセスの温床にもなってるよな。セキュリティ強化して販売はしてほしい。2段階認証は突破されてるから別の方法で。とりあえずこの前金券買った時はカード番号再入力させられて面倒だったけどそれも対策の1つだね。

楽天カードってやつ急に不正検知して認証通らなくてムカムカムカ~😡😡😡😡😡😡ってなるけど冷静に考えたらめちゃくちゃ真面目に仕事してくれてるんだな・・・セキュリティしっかりしてるんだな・・・ってなってる

プリペイドカードに クレジットチャージしようとすると、 カード会社のセキュリティが邪魔をする。 不正利用防止という目的は分かるが、 毎回、営業時間内に電話連絡をするのは かなり面倒。 SMSによる本人利用確認を導入すべき。

返信先:他1石丸市長素晴らしい👍 そもそもマイナンバーカードは憲法違反 世界は危険と判断、廃案、廃止⚠️🪪 在日チンピラ政府に任せたら日本人のタンス預金凍結2400兆円搾取、ワクチン強制6,000万人削減が目標! 🪪セキュリティ対策なしで不正利用されても国は一切責任取らないと公言…